2歳児とのクッキー作り☆

ユキミです。

「親子で一緒にお菓子作り」 なんていい響き、素敵な親子ドリームなんでしょう。

息子も2歳になり、そろそろ簡単なお手伝いなんて興味あるかな~と、2歳になってしばらくした頃親子で一緒にクッキー作りをしてみました。

クッキーの生地作りは母が担当し、型抜きを息子にお願いしよう!という計画。

粘土遊びの延長の様なものだろ、と手をしっかり洗いエプロンを装着し、レッツクッキー作り!!

現実はそううまくはいきませんでした…。

手にクッキーの生地が付き、それが耐えられなかった息子が号泣。

母は必死に手を拭こうとしているのにそれを待てず、手をぶんぶん振り回し辺りはクッキーの生地まみれに。

「(もう)いい」「ははおしまい」と息子は早々に椅子から降りてしまいました。

結果出来上がったクッキーは…

ちなみにこの無残な感じ、息子が型抜きをしたのではなく母が焦って型抜きをした結果です♡

あ、言わずもかな星とハート型で抜きました♡

しかもうまく生地が混ざっていなかった為(母の責任やないか)所々白く粉っぽいという、悲しいおまけ付き。

 

そしてこの日を境にクッキー作りは母の仕事に。

もちろん型抜きなんかめんどくさいので、天板に広げてナイフで切り込みを入れるという味気ないクッキーです。

 

時はたち、息子2歳2ヶ月。

母は懲りずに再度親子でクッキー作りに挑戦しました。

今度はしっかり固めの生地を作り、小麦よりグルテンの出ない米粉を使いました。

結果

息子、型抜き…

できたよぉぉぉぉ!!

星型はほとんど息子が抜いてくれました。

(甜菜糖を使うとクッキーはぶつぶつ模様が出てしまうのですね…)

固からぬいて天板に置く、という作業が楽しかったみたいでウキウキやってくれました。

2ヶ月前は生地を触っただけで嫌がっていたのに、子供はたった1、2ヶ月のうちにすごい成長するもんですね。

なんだか感激な母でした。

 

 

Advertisement